ウクライナ住民、紛争で約650万人が避難=IOM



[ジュネーブ 21日 ロイター] -

国際移住機関(IOM)3月21日

ウクライナの住民のうち、紛争による直接的な影響で避難した人数が約650万人に上ると発表した。

IOMが3月9─16日に調査を実施した。ロシアがウクライナに侵攻した2月24日以降に国境を超えて避難した人数は330万人以上という。


アントニオ・ビトリーノ事務局長

「紛争に伴う人的被害と強制的な避難の規模は最悪シナリオの見通しをはるかに超えている」と指摘。IOMは数千人に食料や毛布などの物資を提供したが、深刻な被害を受けている地域の人々にはなお支援が行き届いていないとした。

IOMによると、避難者の多くは妊婦や高齢者、慢性疾患を持つ患者など脆弱な人々という。IOMは敵対行為の停止と民間人を戦闘地域から安全に退避させる「人道回廊」の設置を改めて求めた。


ロシア ウクライナに対する軍事侵攻が続いています

ウクライナの各地でロシア軍とウクライナ軍が戦闘を続けていて、大勢の市民が国外へ避難しています。戦闘の状況や関係各国の外交などウクライナ情勢をめぐる21日(日本時間)の動きを随時更新でお伝えします。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示