福島県沖地震、死者4人に

【3月17日 AFP】(更新)16日夜に福島県沖で発生したマグニチュード(M)7.4の地震で、松野博一内閣官房長官は17日、福島県と宮城県で4人が死亡、複数の県で107人が負傷したと報告した。

 気象庁によると、震源の深さは60キロ。数分前に同じ地域を震源とするM6.1の地震があった。





福島県沖を震源とする地震についての会見

 ただ今、これまでの被害把握状況については、原子力発電所の異常は確認されておりません。

東北新幹線が、白石蔵王(しろいしざおう)から福島駅の間で脱線をしておりますが、乗客にけが人はないとのことであります。

大規模な停電が発生していますが、東京電力管内については、1時間以内に概ね解消される見込みであります。

そして、帰宅困難者が発生しないよう交通機関に協力を要請しているところです。こうした報告を受けております。国民の皆様にあっては、引き続き地震の情報に十分に御注意いただき、海岸に近づかず、身を守るための行動をとっていただくようお願いいたします。この後、官房長官からより詳しい報告をさせていただきます。私の方からは以上です。



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示