鏡は異次元への門!霊を引き寄せる!

「鏡に霊が映る」 「鏡は異次元へ通じている」 なんともオカルトチックに聞こえますが、これは事実だったりします。 鏡はその性質上、霊を引き寄せやすく、霊界とこの世をつなぐポータル(門)にもなりやすい物質なのです。

鏡には霊が映る

あなたは、鏡に映った霊を見たことはありますか?

鏡に霊が映るのはよくあることで、しかもけっこうあからさまに映るので、霊感がなくても気づく人は多いです



怪談話にもありますよね。 たとえば、

・鏡に映った自分自身の後ろで、影や霧状のものがチラッと動いた。 ・部屋に誰もいないのに、鏡に人影が映っていた。 ・運転をしていたら、バックミラーに黒っぽい影が映った。

といった不気味なホラー話。

なぜなら、鏡という物質は、霊を引き寄せやすい物だからです。

どんな鏡でも霊が映る可能性はありますが、持ち主や環境の影響を受けてアストラル次元(霊界)とこの世をつなぐポータル(門、ゲート)になっている鏡は、特に霊が映りやすいといえます。


霊を引き寄せる鏡の特徴

アストラル次元とこの世をつなぐポータルになっている鏡、とはどういうものかというと、 アストラル次元にいるいろいろなエネルギー体、つまり、幽霊やゴーストと呼ばれる存在が、この世(物質次元)にやってくるときに使うドアの役割をする鏡です。 霊的な存在は、ポータル化した鏡を通ってこの世に来ることができます。

鏡がポータル化する原因は、主に2つあります。



人の念が溜まっている

スピリチュアル的に見ると、鏡という物質には、人が発する念(エネルギー)を取り込んで溜め込む性質があります。

人の「考え」「感情」「欲望」「行動」はすべてエネルギーでできている、ということはこのブログを読んでいる皆さんなら知っていますよね。 あなたが何かを考えたり、感じたり、願ったり、反応したりするたびに、あなたはエネルギーを周りに放射しているわけですが、その放射したエネルギーは、あなたの持ち物や周りにある物が吸収しています。

溜まったエネルギーが増幅している

鏡にはさらに、吸収したエネルギーを増幅させる性質があります。 ピカピカに磨かれた金属とかプールやお風呂の水面などもそうですが、鏡のように反射するものというのはエネルギーを活性化し、増やす働きをするんですね。 1のエネルギーを吸収した鏡は、それを10にも20にも増やすということです。 エネルギーを増やす性質ゆえに、鏡はエネルギー次元に通じるポータルになりやすいわけです。

特に、家の中で2つの鏡を向かい合わせに置くのはNG。 鏡を向かい合わせに配置するとポータルが3方向に開かれるため、エネルギーが極度に活性化します。そして、霊やその他もろもろの目には見えないモノたちがあらゆる方向から集まります。 家の中が幽霊のオンパレードになることもありえますよ。


閲覧数:1回0件のコメント